分譲事業『戸建て』

戸建て・宅地開発事業では、その土地が持つポテンシャルを最大限に引き出し、その土地にふさわしい街並み、物件ごとに異なる表情を持つ街を創ります。
街を生み出し進化させ、世代を越えたコミュニティを育み、街は“住んでみたい”と思われる場所になっていく。 そんな街づくりを進めていきます。

白岡ニュータウン リフレの杜

そこに住まう人の暮らしをイメージしていく

総合地所の企業理念である「人間性を尊重した住環境づくり」は、マンション事業だけでなく、あらゆる事業に活かされています。たとえばJR宇都宮線の新白岡駅前に広がる“白岡ニュータウン”の開発事業は、その代表例。約50万m2(約1200区画)の敷地に一戸建てと大型マンションが融合した美しい街並みは、映画やテレビドラマの撮影ロケ地にも使われるほど。開発から28年を経た現在も、その壮大な街づくりは進行中です。

より美しく、より快適に。現在も進化し続ける新白岡の街
白岡ニュータウン〈リフレの杜 第3期〉 (2007年分譲済)

戸建て物件をお探しの方はこちら