ルネ船橋新高根レジデンシャルヴィラ 
総合地所ルネシリーズマンション

総合地所企業トップ 住まいを買いたいトップ プロフィール変更 お問い合わせ
ルネットくらぶ ご入会はこちらから
デザイン学 ルネスタイル ルネの管理 賢いマンション購入法 暮らしの雑学王
都市の喧騒から切り離された街に佇む豊潤な自然環境と調和した心和む住まい
 
ルネ 船橋新高根レジデンシャルヴィラ ルネ・ヒルトップフラッツ
大原 寛之プロフィール

都市の喧騒から切り離された静穏な船橋市新高根に誕生した「ルネ船橋新高根レジデンシャルヴィラ」(総戸数150戸、鉄筋コンクリート造地上9階建)。
マンション南面には約100,000uもの緑溢れる大地と抜けるような大空、四季折々の自然風景、対面がないことによる開放感、まさに自然と一体となった物件です。この「ルネ船橋新高根レジデンシャルヴィラ」について総合地所の長島恵一さんにお話を伺いました。
豊かな自然を採り込む奥行き2.5mのバルコニー
 ルネ船橋新高根レジデンシャルヴィラの立地は、新京成電鉄「高根公団」駅から徒歩15分、JR総武線「船橋」駅からバスで約20分。市の中心を少し離れた大らかな街に向かうとそこには手つかずの緑景が周囲に広がり、その緑に包み守られるように保たれた豊かな環境が存在していました。それ以上に南面に広がる約100,000uもの大地と静寂な自然豊かな環境が魅力的だったと長島さんは語ります。
「この広大な土地と周辺の自然環境を最大限に活かすことで、新たなライフスタイルのマンションとしてお客様に提案できるのではないかと考えました」。
いくつか自然環境を採り込んだアイデアの具体例としてあげられるものは、まず奥行き最大約2.5mのバルコニー」です(一部住戸除く)。バルコニーを日常の暮らしの居住スペースと捉え、空や陽光、風や緑といった自然要素をたっぷりと享受できる暮らしの最前席として設計しました。1階のテラスとリビングの間に「サンルーム」を設けたプランも用意しました。サンルームは、リビングと一体的に広がりながら、ガラス越しにテラスや専用庭に隣接したコーナーで、室内に居ながら陽光や開放感を満喫できる空間です。最上階では、広がる空や豊かな陽光をより身近に感じられるように「天井高最大3.2m、高さ約2.3mのハイサッシ」のプランを採用しました。
見晴らしの良い眺望と伸びやかな室内空間を実現しました。
自然の景色と調和するファサード・デザイン南面外観には緑の風景と相性の良い木目調ルーバーでリゾート感覚を演出。バルコニーには透明感のあるガラスやシックなブラウンカラーの手摺を採用。
自然の景色と調和するファサード・デザイン
南面外観には緑の風景と相性の良い木目調ルーバーでリゾート感覚を演出。バルコニーには透明感のあるガラスやシックなブラウンカラーの手摺を採用。
 
周辺環境に溶け込むような自然を意識したファザード
いかに生活の中に自然を採り込み、またマンション自体が周囲の環境に溶け込めるかを考えたという長島さん。「周辺環境に馴染むようにと、意匠計画で1番こだわったのが外観ファサードでした。はじめてこの地を訪れた時に思ったのは、緑豊かな静寂な環境の中にひっそりと佇むリゾートホテルのような外観にしたかった」という。アースカラーを基調とした外壁、バルコニーには透明感のあるガラスなども自然と融和し、温かみのある造形美を描き出しています。

共通意識を持ちながらブレのない軸をつくる
 ルネ船橋新高根レジデンシャルヴィラのデザインコンセプトについて、長島さんは、自然の中に上品に佇む高級リゾートホテルを思い浮かべたといいます。そのイメージをデザイン・設計の担当と共有するために、海外・国内のリゾートホテルの資料を集めたり、参考となりそうなリゾートホテルを見学したとのこと。
「リゾートホテルと言っても人それぞれのイメージがさまざまなので、具体的な写真や実物を見ることで設計の方たちと共通意識を持って、コンセプトがブレないような商品企画を進めていきました」
こだわりは綿密な商品企画だけではなく、販売センターやモデルルームにも取り入れられました。従来とは異なり、オリジナルハーブティや音響など、視覚のみならず味覚、聴覚、嗅覚など五感に訴えるものに設えました。
「コンセプトを徹底し、ブレない軸をつくっていたので、販売担当の方も自信をもって売ってくれました」
しっかりとした商品企画とスタッフ間の意思統一が、ルネ船橋新高根レジデンシャルヴィラの自然と融和する美しいデザインへと結実させたのでしょう。
ゆったり広がる端正な格子のエントランス 幅約14mに渡り大きく張り出したキャノピー、横長のボーダータイルが「門」を想起させる。正面の壁にはファサードと統一されたように木目ルーバーが格子状にデザイン。   天井高最大3.2m、高さ約2.3mのハイサッシ一部の最上階のプランでは天井高最大3.2mを採用。大きな開口部からは見晴らしの良い眺望と伸びやかな室内空間が開放感を描き出す。
ゆったり広がる端正な格子のエントランス
幅約14mに渡り大きく張り出したキャノピー、横長のボーダータイルが「門」を想起させる。正面の壁にはファサードと統一されたように木目ルーバーが格子状にデザイン。
  天井高最大3.2m、高さ約2.3mのハイサッシ
一部の最上階のプランでは天井高最大3.2mを採用。大きな開口部からは見晴らしの良い眺望と伸びやかな室内空間が開放感を描き出す。
奥行き最大約2.5mのバルコニー
バルコニーの奥行きを充分にとり、陽光、風など自然要素を採り込んだ暮らしを実現。住まう人それぞれのライフスタイルに合わせた利用方法が楽しめる。   陽光と開放感を満喫できるサンルーム
1階に設けたサンルーム付プラン。ガラス越しにテラスや専用庭と隣接し、室内に居ながら豊かな陽光や開放感を享受できる憩いの空間。
奥行き最大約2.5mのバルコニー
バルコニーの奥行きを充分にとり、陽光、風など自然要素を採り込んだ暮らしを実現。住まう人それぞれのライフスタイルに合わせた利用方法が楽しめる。
陽光と開放感を満喫できるサンルーム
1階に設けたサンルーム付プラン。ガラス越しにテラスや専用庭と隣接し、室内に居ながら豊かな陽光や開放感を享受できる憩いの空間。
このページのトップへ
VOL.26
「社の街」コンセプトとした、
ゆとりと潤いが贅沢に集う
居住環境。
フィレール西神南
VOL.25
地下鉄「高輪台」駅に直結し、
由緒ある邸宅地に誕生した
超高層タワー。
ザ・ヒルトップタワー高輪台
VOL.24
なんばを愛し、なんばを生きる、
次代の都心で暮らす喜び。
なんばグランドマスターズタワー
VOL.23
安心と利便性が備わった住まいであり、横浜の暮らしを謳歌するための拠点
ハートビートベース横濱根岸
VOL.22
琵琶湖の雄大な眺望を愉しめ、爽快感に包まれる贅沢、湖畔を望む格調高い名邸
ルネ大津膳所
VOL.21
都市の喧騒から切り離された街に佇む 豊潤な自然環境と調和した心和む住まい
ルネ船橋新高根
レジデンシャルヴィラ
VOL.20
海の見える丘の上に建つ
開放感とゆとりある住まい
ルネ・ヒルトップフラッツ
VOL.19
歴史ある城南エリアの閑静な
住宅地に建つ191邸の本格邸宅
リージェントハウス大森西
VOL.18
関西屈指のレイク・リゾート地で
心から人生を楽しめる暮らし
ルネ・レイクビュー夕照の道
VOL.17
成田ニュータウンの中心エリア
に描かれた心地よい暮らし、
美しい暮らしのあり方
ルネ・マークプレミア成田ニュータウン
VOL.16
美しく安全で、健やかな街の
シンボルプロジェクトとして
ルネ高槻リバーサイドガーデン
VOL.15
豊かな自然と利便性を兼ね備え
静謐さを満喫する暮らしを
深大寺レジデンス
VOL.14
広大な敷地の中にあふれる
緑が住む人に健康と喜びを
ウィズパークス大阪
VOL.13
日本の伝統美を現代に再現した
大人の街の大人の住まい
ルネ神楽坂
VOL.12
四季の美しさと豊かな環境を
この街に育つこどもたちへ
ルネシーズンズガーデン
西宮名塩
VOL.11
スタイリッシュな意匠が
快適な暮らしを
個性豊かに彩る
ルネ川口アグリア
VOL.10
光と風と緑に
包まれた暮らしが住む人と
街並みに潤いを
ガーデンフラッツ豊中旭ヶ丘
VOL.9
個性あふれる
三つの「庭」が、
住む人々の暮らしと
心を豊かに
ガーデン・シンフォニー新越谷
VOL.8
歴史の街に
穏やかに調和する
クラシック&モダン
ルネ横浜馬車道
VOL.7
都市空間のうつろう
自然を感じる、
緑豊かな水の庭
ルネ・アクアパークス
VOL.6
生駒山系の
大自然に抱かれた
“美術館”という名の邸宅
ルネ東生駒ビュージアム
VOL.5
都市景観を演出するタワーは
暮らしを楽しむ
アーバンリゾート
ルネ・セントラルタワー
VOL.4
ライフスタイルに合わせた
建物と自然との調和が
暮らしに楽しさを生む
ルネシーズンズ千里の丘
VOL.3
横浜の海と空に映える「白」
アートワークが街に
新たな彩を
ルネ・ブランシュ横浜海岸通り
VOL.2
マンションだからこそ
実現できた「非日常」を
楽しむ空間作り
ルネたまプラーザ
VOL.1
雄大な流れのほとりで
自然の豊かさを感じる生活
ラヴィラ府中多摩川