ルネ・ブランシュ横浜海岸通り
総合地所ルネシリーズマンション

総合地所企業トップ 住まいを買いたいトップ プロフィール変更 お問い合わせ
ルネットくらぶ ご入会はこちらから
デザイン学 ルネスタイル ルネの管理 賢いマンション購入法 暮らしの雑学王
Vol.3
横浜の海と空に映える「白」アートワークが街に新たな彩りを
ルネ・ブランシュ横浜海岸通り
東 泰規 ひがしやすのり
 海の香りを感じながら青空の下を歩いていくと、大通りに沿って伸びるスタイリッシュな白の空間が目に入ります。メタリックなアートワークを背景に、純白のテーブルと椅子。建物と歩道の間に設けた水辺に日射しが揺らめいています。
 歴史的建造物が並ぶ官庁街として、また近年ではオフィス街として発展してきた海岸通りに今年1月誕生した「ルネ・ブランシュ横浜海岸通り」。
「設計にあたっては、周囲の街との関係を大切にしたいと考えました」
 と語るのは設計を担当した坂倉建築研究所の東泰規さんです。
「都市の再開発などで、これまで住宅地でなかった場所にもマンションが建てられるようになりました。そうした場合、多くのマンションは周囲の環境に対して『閉じた』関係を作ってしまいます」
上段/ライトアップされ浮かび上がったタペストリーの通りからの眺め。下段右/明るすぎない照明が落ち着いた表情を醸す夜のラウンジ。下段左/水辺の“飛沫”をデザインしたというタペストリーのパターン。
 周囲から孤立した存在になるのではなく、街に溶け込み、その界隈に新たな魅力を与えるようなマンションにしたい。
「そのためにまず考えたのが、1階ラウンジでした」
 通りに面した壁は全面ガラス張りとし、街に対して開かれた関係を作り出しています。さらに道行く人の目を楽しませているのが壁面のアートワークでしょう。ユニークなのは、このアートワークを手がけたのが多摩美術大学テキスタイルデザイン専攻の学生たちだということです。
「27名が5グループに分かれてアイデアを競い合い、選ばれた1グループのデザインを同大の先生方のご協力のもとで16ヶ月かけて作品に仕上げました」
 デザインの基本にあったのは「レイヤー=層」という発想でした。
「大通りがあり、歩道があり、街路樹、水盤、ガラス窓、ランジスペース、そして壁との間にアートワークがある。そうした多くの『層』が重なり合って、街との関係を築いていくというイメージを学生の皆さんに伝えたのです」
 そうして完成したアートワークは、横浜のシンボルである石畳とガス灯をシンボリックにデザインし、銀糸を使って織り込んだ布にプリント。裏面には銀箔紙を張り込み、壁側からライトアップすることで、昼と夜では違った模様を浮き上がらせる工夫も施されています。

住む人の心も街に開くマンション
 街との関係でいえば、マンションの外観も重要なポイントになるでしょう。
「周辺の伝統的な洋風建築に準ずるアプローチもあるとは思いますが、材料も工法も徹底して模倣しない限り、おもちゃのような甘いデザインになってしまう」
 ならば逆のアプローチとして、つねに新しい時代の息吹を受けてきた港町のイメージから、「都会的で洗練されたモダン・デザインがふさわしいと考えました。色は、横浜の海と空に似合う白。マンション名の『ルネ・ブランシュ(=白)』も実は私のネーミングなのですよ」
 そうした思い入れ深い「白」をさらに魅力的にするため、壁面のタイルにはざらっとした質感で冷たさを軽減した素材を採用。白という色の持つ、無機質なイメージを和らげる工夫をしています。
 また歩道と建物の間の分離帯として設けた水盤ですが、住民の方からは「朝の光がきらきらとラウンジの壁に映るのが、自然の息吹を感じられて良い」と意外な評価もいただいているそうです。
 港町イメージは、屋上のデザインにも。
「ここからの眺望は当マンションのかけがえのない財産ですから、住民の皆さんにも楽しんでいただきたいと考えました」
 当初のプランでは床全体をウッドデッキにして「船の甲板のようにしたかった」という東さん。その遊び心は、ゆるやかに波うつ床やウッドベンチの形状、ベンチも兼ねる照明といったデザインに見ることができます。
 夏には、横浜港の花火大会も目の前で満喫できるという屋上からの眺め。横浜に住むという喜びや誇りを実感することで、住む人の心も、街に向かって開かれていくことでしょう。そしてその思いは、街をさらに魅力的に変える大きな力になっていくはずです。
最上階の部屋は全面ガラスで、絶景が楽しめる。
ゆるやかに波打つ屋上からはロマンティック夜景も。
このページのトップへ
VOL.26
「社の街」コンセプトとした、
ゆとりと潤いが贅沢に集う
居住環境。
フィレール西神南
VOL.25
地下鉄「高輪台」駅に直結し、
由緒ある邸宅地に誕生した
超高層タワー。
ザ・ヒルトップタワー高輪台
VOL.24
なんばを愛し、なんばを生きる、
次代の都心で暮らす喜び。
なんばグランドマスターズタワー
VOL.23
安心と利便性が備わった住まいであり、横浜の暮らしを謳歌するための拠点
ハートビートベース横濱根岸
VOL.22
琵琶湖の雄大な眺望を愉しめ、爽快感に包まれる贅沢、湖畔を望む格調高い名邸
ルネ大津膳所
VOL.21
都市の喧騒から切り離された街に佇む 豊潤な自然環境と調和した心和む住まい
ルネ船橋新高根
レジデンシャルヴィラ
VOL.20
海の見える丘の上に建つ
開放感とゆとりある住まい
ルネ・ヒルトップフラッツ
VOL.19
歴史ある城南エリアの閑静な
住宅地に建つ191邸の本格邸宅
リージェントハウス大森西
VOL.18
関西屈指のレイク・リゾート地で
心から人生を楽しめる暮らし
ルネ・レイクビュー夕照の道
VOL.17
成田ニュータウンの中心エリア
に描かれた心地よい暮らし、
美しい暮らしのあり方
ルネ・マークプレミア成田ニュータウン
VOL.16
美しく安全で、健やかな街の
シンボルプロジェクトとして
ルネ高槻リバーサイドガーデン
VOL.15
豊かな自然と利便性を兼ね備え
静謐さを満喫する暮らしを
深大寺レジデンス
VOL.14
広大な敷地の中にあふれる
緑が住む人に健康と喜びを
ウィズパークス大阪
VOL.13
日本の伝統美を現代に再現した
大人の街の大人の住まい
ルネ神楽坂
VOL.12
四季の美しさと豊かな環境を
この街に育つこどもたちへ
ルネシーズンズガーデン
西宮名塩
VOL.11
スタイリッシュな意匠が
快適な暮らしを
個性豊かに彩る
ルネ川口アグリア
VOL.10
光と風と緑に
包まれた暮らしが住む人と
街並みに潤いを
ガーデンフラッツ豊中旭ヶ丘
VOL.9
個性あふれる
三つの「庭」が、
住む人々の暮らしと
心を豊かに
ガーデン・シンフォニー新越谷
VOL.8
歴史の街に
穏やかに調和する
クラシック&モダン
ルネ横浜馬車道
VOL.7
都市空間のうつろう
自然を感じる、
緑豊かな水の庭
ルネ・アクアパークス
VOL.6
生駒山系の
大自然に抱かれた
“美術館”という名の邸宅
ルネ東生駒ビュージアム
VOL.5
都市景観を演出するタワーは
暮らしを楽しむ
アーバンリゾート
ルネ・セントラルタワー
VOL.4
ライフスタイルに合わせた
建物と自然との調和が
暮らしに楽しさを生む
ルネシーズンズ千里の丘
VOL.3
横浜の海と空に映える「白」
アートワークが街に
新たな彩を
ルネ・ブランシュ横浜海岸通り
VOL.2
マンションだからこそ
実現できた「非日常」を
楽しむ空間作り
ルネたまプラーザ
VOL.1
雄大な流れのほとりで
自然の豊かさを感じる生活
ラヴィラ府中多摩川