総合地所企業トップ 住まいを買いたいトップ プロフィール変更 退会手続き お問い合わせ
ルネ倶楽部

「ルネシリーズ」の総合地所が運営する会員システム

ご入会はこちらから
デザイン学 ルネスタイル ルネの管理 賢いマンション購入法 暮らしの雑学王
賢いマンション購入の基礎知識
ハウジングジャーナリスト 本間博文氏に聞く
第20回 一戸建て住宅は所有者の自由度が高い
Question
マイホームを購入しようと思っています。これまで分譲マンションの良さについてはさまざまに見聞きしてきましたが、一戸建てにはどのような特徴があるのでしょうか。

自分の考えが優先される

一戸建ての人気のポイントは“自由に使用できる”という点にあるのではないでしょうか。
例えば庭ですが、分譲マンションにも1階の住戸には庭付きもありますがあくまでも専用使用権であり、管理規約などによって使用範囲や使用方法が定められています。これに対して購入者が土地と建物を所有する一戸建ての庭は所有者のものです。ウッドデッキを設けてくつろいでも、四季折々の草花で飾ることも、菜園にして野菜を栽培することも自由にできます。
また、分譲マンションに比べてリフォームや建て替えが思い通りに行えます。
近年、省エネで注目を集めているHEMSの導入も自由にできます。HEMS(Home Energy Management System)とは、屋根などに設置したソーラーパネルで発電した電力を電気自動車や蓄電池などに貯めて効率よく利用しながら、家庭内の電力消費を最適化するシステムです。さらに、地熱エネルギーを利用して、冷暖房の消費電力を抑えて暑い夏を涼しく、寒い冬を暖かく過ごすシステムなど、自然エネルギーを利用したエコな住まい方が自分次第で実行できます。
また、一戸建てでは隣戸との間隔が空いているので、音の問題が発生しにくいというメリットも出てきます。大音量で騒音にならない限りは、ピアノなど楽器の演奏や音楽鑑賞もしやすいでしょう。


毎月の費用負担が低い

最近の分譲マンションでは、すべての住戸に敷地内に専用駐車場が付いているケースは必ずしも多くはないようです。仮に付いているとしても毎月の駐車代金がかかりますし、敷地外に駐車場を確保する場合は敷地内駐車場以上の駐車代金が必要となる場合もあります。
これに対して郊外の一戸建て住宅にはたいてい敷地内に駐車スペースが設けられています。駐車代金はかかりません。
分譲マンションでは必ず発生する管理費、修繕積立金に加えて駐車代金など毎月の出費がないのが一戸建ての特徴といえるでしょう。
費用負担という面では、構造・仕様上、分譲マンションに比べて一戸建ての家屋の耐用年数が短いこともメリットになります。つまり、分譲マンションに比べて家屋の評価減の速度が早く、固定資産税が早く少なくなっていきます。
このほか、大型犬を含むペットが自由に飼える、一種低層や二種低層住居専用地域では近隣に高い建物が建つ心配がなく環境が保たれやすいなどのメリットもあります。分譲マンションに比べると気密性が低く冷暖房費用がかさむ、防犯性能が劣る、清掃など日々の管理や修繕を自分でしなければならない煩わしさがあるといった心配もあります。
分譲マンション、一戸建て住宅のそれぞれの特徴を事前に検討し、ご家族皆さんで話し合って決めていくことをお勧めします。

本間博文氏プロフィール
1949年生。新潟県出身。上智大学文学部卒業。
証券雑誌月刊「株主手帳」、住宅雑誌月刊「高層住宅」編集長を歴任。現在、主にハウジングジャーナリスト、ファイナンシャルプランナーとして執筆活動中。