総合地所企業トップ 住まいを買いたいトップ プロフィール変更 退会手続き お問い合わせ
ルネ倶楽部

「ルネシリーズ」の総合地所が運営する会員システム

ご入会はこちらから
デザイン学 ルネスタイル ルネの管理 賢いマンション購入法 暮らしの雑学王
暮らしの雑学王トップへ
Life Up インテリアコーディネーター アトリエ
同じ色合いでの家具でも
素材を変えることで変化がつきます
インテリアのプロが素敵なマンションを、より魅力的に見せてくれるモデルルーム。
このコーナーでは、そんなプロの技が詰まったモデルルームからインテリアコーディネートを学んでみます
リビング
デザインタイルの壁を中心に部屋全体のイメージを
 部屋の中で一番印象的なのがデザインタイルを施した壁面。編み込んだようなデザインのタイルは照明によって立体感を増し、特別な空間を演出しています。リビングに配置されたゆったりとしたL 型のソファは、寛ぎの空間であることを象徴しています。
 部屋全体のトーンは高級感のあるシックな色遣いでまとめられていますが、ここにインテリア術のこだわりがあります。同じ色合いの家具でも素材・テクスチャーを変えることで変化をもたせています。例えばソファ、クッション、カーペットの生地を変える、センターテーブルの素材には石を使う、小物にはガラスやきらりと光る素材のものを配置するなど、いたるところに工夫がなされています。
「ゆったりとした大柄の木目が印象的なフローリング床だったので、柄を活かせるように家具はあえてシンプルにまとめました。またシックなイメージで揃えていますが暗くなりすぎないように心がけました」(株式会社デザインクラブ/Sさん)。
部屋ごとにコンセプトを決めインテリアを選ぶ
●アトリエ
  モデルルームに住まわれる奥様はジュエリーデザイナーという設定。キッチンの側に奥様の仕事場であるアトリエを設けています。モデルルームは全体的に男性的でシックなイメージのインテリアが多く使われているなか、ジュエリーデザイナーのアトリエらしくガラスなど輝きのある小物を配置して女性らしくディスプレイされています。収納の扉も全面ミラーになっており、空間の広がりがうまく演出されています。洋服をコーディネートする際の姿見にもなりそうです。
●マスターベッドルーム
  寝室はプライベート感を重視したインテリアコーディネートとなっています。ベッドカバー、カーテンなど面積の大きなものは色調を抑え、よりシックなテイストにまとめられています。
●廊下
  京都の町屋でよく見られる細い路地からインスピレーションをうけ、部屋の奥への期待感を高められるように工夫されたエントランスや廊下。吹き抜け側の小窓に壁面のカラーに合わせた木製ブラインドが吊られており、壁面と親和性を持たせることでグレー
ド感が感じられます。
クッションや壁紙などで基本となる色調を決める
 読者の方が実践する際のインテリアのポイントについてお聞きしました。
「基本は部屋のコンセプトをしっかりと決めましょう。インテリアを購入する際には、これが可愛い、素敵などと、家具、小物単品を見ただけで判断せず、飾る部屋のイメージに合うかを判断します。例えばカラーに関しては部屋をまとめる際、アクセントカラーを決めることがポイントです。クッションや壁紙などアクセントとなるカラーを決めて、そこからインテリアを組み合わせてみましょう。クッションやベッドリネンなどのファブリックなら簡単に自分でアレンジできるものにアクセントカラーを取り入れると、初めてチャレンジされる方もやりやすいと思います。いろいろとチャレンジしてみてください」。
廊下 キッチン     川畑直也
シアーズ株式会社営業主任 川畑直也
 ルネ京都烏丸五条は地下鉄烏丸線「五条」駅下車徒歩約1分という立地が魅力です。周囲には東本願寺、渉成園などの景勝地が近く、京都駅からも歩ける距離です。ご来場者のなかには他県からの方もいらっしゃり、恵まれたアクセスからセカンドハウスとしても検討されています。
  眺望については南側の高層階からは京都駅、京都タワーを一望することができます。全戸バルコニーに面した窓は約210cmのハイサッシを採用していますので、室内がすっきりと開放感があります。この開放感は実際にモデルルームで体験していただきたいです。
  キッチンはドイツのジーマティック社製を採用しています。ご来場された女性のお客様からはとても好評です。
  とてもアクセスに恵まれているマンションです。実際に足を運ばれてみると、その良さを実感できると思いますので、ぜひ、マンションギャラリーにご来場ください。